スワップトレードをするなら資金管理がポイント!

 FX取引というと、一日中パソコンの前に張りついて相場とにらめっこ、というイメージがありませんか?

たしかに、株取引とくらべるとほんのちょっとしたことでレートが変動しやすく、なかなか気が抜けません。特に仕事が忙しい人などは、それが原因で手を出せない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで、ぜひおすすめしたいのがスワップトレードなんです!

FX取引には、売買で得られる利益のほかにスワップポイントというものがあります。これは通貨の利子のようなもので、通貨ペアのうち金利が高いほうを持っていると、1日ごとにその差額分を受け取ることができます。

これを目的とした取引を、スワップトレードといいます。

ポジションを持っているだけで、安定して利益を出すことができるので、プロの間でも幅広く使われている方法なんですよ!


スワップトレードをするならここに注意!

では、具体的にスワップトレードで利益を出していくには、どのような点に気をつければよいのでしょうか?

FX取引というと、短期トレードのイメージが強いですよね。でも、スワップトレードはポジションを長く持ち続ける長期トレードです。ですから、目先の利益にこだわることなく、地道にコツコツ利益を積み重ねていく、という姿勢がかならず必要です。

特に、次の2点をしっかりおぼえておいてください。

・あわててすぐに損切りしない
・強制ロスカットに気をつける

これを守りつつ、計画どおりにトレードしていくことが、スワップトレード最大のポイントです!

スワップトレードでポジションを長く持ち続けるには?

この注意点を守るための方法を、具体的に見ていきましょう。

まず、1ドル=100円のときにレバレッジ10倍で1万通貨買ったとします。必要な資金は10万円ですね。

日本では現在、日銀がマイナス金利を採用しています。一方、アメリカでは昨年末にじつに9年半ぶりとなる利上げが行われました。その結果、業者によって一日に数円から20円のスワップポイントが受け取れるようになっています。年間で考えると7300円くらいの利益が得られるわけですね。アメリカは今後もまだ追加利上げのタイミングをうかがっているので、さらに利益が増える可能性もあります。

では、このままずっとポジションを持っていれば、ずっと安定して利益を得ることができるのでしょうか?

もちろん、そう簡単にはいきません。なぜなら、FX取引ではそもそも、為替差益によって利益と損失が決まるからです。

たとえば、円高が進んで1ドル=99円になったとしましょう。1万通貨のポジションなので、損失は1万円です。10万円の資金から考えると、10%のマイナスになります。この程度ならまだ年間のスワップポイントでカバーできますが、今回のイギリスのEU離脱が決まったさいには、一気に5円近く下落するというケースもありました。このレベルになると、マイナス5万円となって資金の半分が失われてしまうことになります!

こうなると、我慢できずに決済してしまう人も出てくるのではないでしょうか?

たしかに、このまま一年待っていてもマイナスにしかなりません。ただ、それはこの時点で決済しても同じことです。むしろ、スワップポイントが入ってこない分、よりマイナスになるでしょう。

さらに、レートは一年後にはむしろ上がっている可能性だってあるわけです!

このように、スワップトレードでは目先の利益にとらわれず、やると決めたら最初の予定どおり進めていくことが大切です。

もうひとつ気をつけなければいけないのが、強制ロスカットです。これは、業者にあずけておいた証拠金が一定の割合以下になると、自動的に決済されてしまうというシステムです。自分で損切りしたつもりがなくても、気がついたら決済されてしまっていたというケースもあるので気をつけてください!

このような事態を避けるには、どうすればよいのでしょうか?

何より大切なことは、資金をうまくコントロールすることです。

たとえば、同じ1万通貨を購入するにしても、今度はレバレッジ2倍で取引するケースを考えてみましょう。必要な資金は50万円です。この状態で先ほどと同じように1ドル=95円まで下がったとします。損失は5万円で変わりませんが、元の資金から考えればその割合はわずか10%分に過ぎません。

さらに円高が進んで1ドル=90円になったとしても、レバレッジ100倍なら資金がゼロになるところが、レバレッジ2倍ならまだ80%もの資金が残っていることになります。

このように、資金が多ければそれだけマイナスの割合も小さくなるので、いちいち目先の利益にとらわれない心の余裕ができます。もちろん、強制ロスカットにもなりにくくなります!

以上の点から、スワップトレードでは次の2つのポイントが重要になります。

・50万円以上の大きな資金で取引する
・レバレッジは数倍程度にしておく

FX取引というと、高いレバレッジで大きな利益を狙う、というイメージが強いかもしれません。でも、それはあくまで短期トレードの話。長期トレードを行うさいには、できるだけ資金に余裕を持って取引を行うようにしましょう!

現在の各国の政策金利を見ると、トルコ・リラや南アフリカランドなどの新興国の通貨で、より高いスワップポイントを狙うことができます。ただ、こういった通貨はレートの変動も大きいので、より安定した取引を行うなら、多少低くなっても豪ドルやニュージーランド・ドルがおすすめです。

みなさんも自分に合った通貨ペアを見つけて、うまくスワップトレードを活用してみてください!